関西防水管理事業協同組合とは

組合について

「古くなったら、建て替える」のではなく、「賢いメンテナンスで、長く快適に」過ごしませんか。

たいせつな資源でもある建物だから、
もっと、ずっと、大切にしたい。

関防協がお手伝いします。

理事長メッセージ

関西防水管理事業協同組合は、おかげさまで発足より30年以上事業を続けてくる事ができました。これもひとえに、皆様方のお力添えの賜物と心より感謝申し上げます。

昭和59年に関西防水管理事業センターとして8社の加盟業者によって産声をあげ、翌年にはセンターより協同組合に格上げを致しました。平成5年には大幅な組合員数の増加もあり、現在では、組合員数120社となっています。

30年と一言で言いましても、その間にはバブルも崩壊し、失われた20年と表現される長引く不況がありました。さらにはリーマンショックも重なり、公共投資、民間投資が年々縮小される時代が続きました。建設市場は縮小し、防水業界にも暗い影を落としました。

しかしながら関防協組合員は、相互扶助の精神に基づき一丸となり、縮小した市場におきましても着実に施工実績を増やし、累計での施工面積が2,345万m²となりました。また組合として建物の資産価値を守るために、早期の防水改修の実施に向けた普及啓蒙活動も行ってまいりました。 展示会等の広報活動を通して建物オーナー様やエンドユーザー様に、またセミナーや説明会等の宣伝活動を通じて設計業務に携わる皆様に、関防協の高い技術力と信頼性、防水改修することの意義を啓蒙してまいりました。また、事業エリアである近畿・四国2府8県の自然環境を守るために、 自治体が設ける環境保全活動に寄附するエコプロジェクトを展開し、地域密着型の組合としての社会貢献活動も行っております。

地道ではございましたが、この積み重ねた普及啓蒙活動によりまして、関防協の名前を広く知って頂くことができ、さらには施工実績を伸ばすこととなりました。

建築防水のプロ集団としてこれからも、心の通った「防水改修」に尽力してまいります。

私達関防協は、建築防水のプロ集団です

関西防水管理事業協同組合は、大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良・和歌山・近畿・関西・京阪神における建築防水のプロである施工業者が集まって運営する団体です。

建物のオーナーおよびユーザーの立場に立って、建物の劣化チェック、改修計画の立案、見積、そして実際の施工から万全のアフターケアまでを、業界トップレベルの製品と技術力で遂行します。

概要
名称 関西防水管理事業協同組合
所在地 〒550-0003 大阪市西区京町掘1-10-5
電話番号 06-6443-0432
設立 1984年(昭和59年)
(1981年西日本防水管理センター設立)
許可番号 建設省阪振発第146号
事業エリア 大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀・和歌山・香川・愛媛・徳島・高知
Network & Profile

関防協は関西の建築防水施工業者が集まって運営する、いわばプロ集団。
さらに、北海道から九州・沖縄まで、全国エリアを安心のネットワークで結んでいます。

関西各地からトップレベルの施工業者が就業、全国にネットワークを広げる「全国防水改修工事団体連合会」に所属する、業界で最も大きく信用できる集団です。

M&Mスピリット

私たちの基本姿勢は、Maintenance and Modernization (維持保全と改良保全)。

防水改修を「リフォーム」の考え方ではなく、
「建物改修」の発想で、建物にも人にも、
快適な環境を創出していきます。