結果が大事か、過程が大事か、2015.11.13

 私ごとではありますが、先日、4年間続けていた一つの交際が終わりを迎えました。是非もなし。
 友人からは「結婚(=結果)が全てでは無い。その4年間で経験した事や得てきた事(=過程)こそ大事だ、必ず次にいきる!」と慰めてもらいました。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・前を見て生きていこう。
 
 私の経験では「一生懸命、受験勉強したけど合格できなかった」とか、結果が良くないときに「頑張ったという過程が大事」なんて良く言われました。
 また社会人(サラリーマン)になってからは「結果を出さなければ意味が無い」と良く言われます。
 
 結果と過程はどちらも大事で、切り離して考えることは出来ませんが、私の結論は、
「結果は過程の先にある」です。
 
 過程をひとつひとつ見ていれば、仮に結果が悪かったときでも、どこに改善の余地があるかが分かります。結果しか見ない場合、たまたま良い結果となっただけかもしれませんし、悪い結果となったときに、どうすればよいか、次につなげることが難しいのではないでしょうか。結果だけでの判断はときに危険を孕みます。
 
 防水でも同じことが言えます。結果を確認するのが「検査」、過程を確認するのが「管理」です。防水層はいくつもの工程(過程)を経て最終的に完成します。
 材料、数量、施工、工程などの「管理」を行うことで結果からだけでは見えないものが見え、必然的にその先の結果も伴います。
 
 結果ももちろん大事ですが、関西防水管理事業協同組合では、文字通り「管理」を大事にし、今後もより良い品質を作り上げていく努力をしています。

アンカー2015.06.02

お久しぶりです。おっきーです。
先日、会社のメンバーで某駅伝大会に参加しました!
皆が一人一人全力を出し切って無事に「たすき」をつなぎ完走することができました!
 
と、言っても私は応援だけで走っていませんが(^_^;)
でもでも、応援だって大事なのです!もちろん応援だって全力です。
応援が実力以上の力を発揮するきっかけになったりするのです! 
 
でも駅伝って難しいですね。マラソンと違って一人だけがパフォーマンスに優れていても良い結果にはつながりません。チームワーク、つまり皆がゴールという同じ目的のために頑張って次の走者に「たすき」をつないでいく事こそが良い結果を呼び込むのだと思います。
 
防水だって同じだと感じます。
建物の寿命は一般的には60年以上といわれるなか、防水の寿命は12~15年程度が一般的です。今の防水は次の防水に、次の防水はさらに次の防水に「たすき」をつないでいかなければなりません。今だけが良くてもダメなのです。
 
防水の場合、「たすき」のつなぎ方は大きく2通りあります。
「撤去改修」(今の防水を取ってから行う改修)と「かぶせ工法」(今の防水を残したまま行う改修)です。
「撤去改修」は今の防水をとってしまうため、工事中に雨漏りする危険や、撤去廃材処理などがあり、あまり上手なたすきのつなぎ方とは言えません。
第一走者や第二走者でアンカーとなってしまってはゴールにたどり着くのは難しいといえます。
 
"この建物はゴールまで防水のたすきを上手につないでいけるか?" 
 
防水に詳しくない方は専門業者等に、詳しい方は自分自身に問いかけてみてください。
関防協はそんな皆様を応援いたします!