環境改修

太陽光発電 ソーラーと防水-適材適所の防水選択と、確実なソーラー設置の両立を-

屋上空間を有効利用して、エネルギーを生み出す太陽光発電。改修工事で設置の場合には、防水改修と同時に行うのがベストの選択です。

意外に知られていない、防水とソーラーの関係と、適材適所のソーラー設置方法についてご紹介します。

ソーラーと防水の関係 その①

屋上空間を共有する工事です。

防水工事 …
改修工事を行うのが一般的です。
ソーラー設置工事 …
建物の要望に合わせて、適宣工事を実施。
設置のタイミングが異なるため、別々に工事をすると、
改修のタイミングもばらばらになってしまいます。

ソーラーと防水の関係 その②

寿命が異なります。

防水工事 …
一般的に10年〜20年程度と言われています。
ソーラー設置工事 …
20年〜30年
ソーラー設置後、1回〜2回程度、防水改修が必要となります。

ソーラーと防水の関係 その③

屋上防水の上で様々な業種が工事をします。

防水工事業者を介さずにソーラー設置工事が行われることで、ソーラー設置部の適切な防水処理がなされないケースがあります。

ソーラー設置後、1回〜2回程度、防水改修が必要となります。

だからこそ、ソーラーと防水の共生が大切です。

屋上防水の上で様々な業種が工事をします。

防水工事業者を介さずにソーラー設置工事が行われることで、ソーラー設置部の適切な防水処理がなされないケースがあります。

漏水の心配のないソーラー設置方法を。防水業者による設置を。

確実な工法選定により採用された防水層の上に、確実な防水対策が取れる方法で、ソーラーシステムの設置をしましょう。 それには防水工事業者による確実な防水納めが重要です。

適材適所の防水改修が一冊でわかる
改修読本の詳細を確認する